自分の目指すべき道

「人は血管とともに老いる」

自分が尊敬する時代を超越した傑物
ウイリアム・オスラー(1849~1919)博士の名言です

この言葉の通り
血流の改善に徹した治療のみで
神経痛による歩行障害が治癒した
高齢者の方々に沢山出逢うことができました

神経組織においても
血流が如何に重要なのかを
痛感させられたものでした

ただ
身体の運動無くして
歩行など運動機能の維持は不可能と言えます

血流同様
運動機能を保つ事は
知的機能の低下を抑制する上でも有効であり
運動による筋肉量の増加は
高血圧や糖尿病など生活習慣病の治療においても
欠くことはできません

骨軟骨組織のみならず
血管 神経 筋肉を如何に良好に保持できるか
各高齢者の方々の身体的特性を考慮しつつ
治療を進めたいと思います

そして
各高齢者皆様の健康寿命の延伸に貢献でき
1人でも多くの元気で健康な百寿者を
当クリニックより輩出できますよう
全力を尽くす所存です