No.00652 坐骨神経痛の治療患者さん

開院一周年、おめでとうございます。

ざま先生始め、スタッフの皆様にお世話になるようになりまして私もかれこれ10ヶ月になります。

若い頃の無理が祟ってか、70歳になって急激に足腰の故障が目立ち、
縁あってざま先生と出会いました。

70年の人生の中で、医療の場では医師と患者は上下関係にあるものと認識させられておりました。
それが証拠に何処の病院でもクリニックでもその図式が崩れることはなかったように思います。

しかし、ざまクリニックの先生は見事に私の認識を壊してくださいました。

いかにも庶民派で気さくで優しく、いつも患者サイドに添って考え、対処くださる姿勢
には新鮮な驚きと喜びを感じております。

こんな医者がいてくれたのか・・・
こんな看護師もいてくれたのか・・・
こんなスタッフ達もいたのか・・・

トップの姿勢は深く静かにそこで働く総ての人たちの魂に浸透していくことが肌で分かります。

皆様、いつも親切に優しくして頂いてありがとうございます。
痛い注射も待ち時間も苦にならず、軽い足取りでリハビリに通えます。

これからもざまクリニック様のご発展を心より願う一患者です。