No.00990 Peter Endoさん

最近のお医者様は、患者の顔をあまり見ないで、コンピューター画面をみながら
患者の容態を聞いたり、インプットしたりの対応をしている先生が多く見受けられ
と言うよりほとんどです。
その点、座間先生は違います。患者と対面し、心から患者の言葉に耳を傾けながら、
診察をしてくださっていることが感じられ、まさに身を乗り出しながら悩みを聞いて
くれていると思います。
「医は仁術にあらず、算術なり」などと云われる昨今ではありますが、先生は
さにあらずの感を受けました。どうぞ、今後とも宜しくお願いいたします。
評判を聞きつけて来院患者が多くなっても其の姿勢を崩さずに、悩み多い来院患者の
為に、ご尽力下さいます様にお願い申し上げ御礼の言葉と致します。
ありがとうございました。